捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

重複語……..

2012年12月17日

昨日ネットで重複語について書かれていたので、なるほどと
思わず頷いた次第です。これは大人もうっかり使うかも知れません。
例を挙げてみますと……..

1.お中元、お歳暮のギフト。
お中元、お歳暮とは贈り物でであり、= ギフトであり重複しています。
2.一番最初/最後
゛最も゛がつく単語に゛一番゛をつけると同じ意味の繰り返し= 重複となる。
3.後で後悔する。
゛後悔゛とは必ず後にするもので゛後゛は要らない。反省も同じかも……
4.過半数を超える。
過半数は超えている゛過゛は不要。
5.余分な贅肉。
余計な脂肪というのであれば゛贅肉゛だけで゛余分゛は不要。
6. 今現在。
まさに゛今゛を強調した内容ですが、゛今゛は不要。
7. 元旦の朝。
元旦とは゛元旦の朝゛のことであり、゛朝゛は不要。
8. クリスマスイブの夜
゛イブ゛とは前夜という意味て゜あり、゛夜゛は不要。

 

 

大人でもやる勘違い
1.的を得た….的は゛射る゛もので゛得る゛ものではない。
2.熱にうなされる……うなされるの゛夢゛であり、熱は浮かされるものである。
3.合いの手を打つ…..打つのは゛相つ゜ち゛であり、合いの手は゛入れる゛が正解。
4.愛想をふりまく……正しくは゛愛嬌゛であり、愛想とは態度であり、ふりまくことは
ことは出来ない。
5.体調を壊す…..体調は壊せないものであり、゛体調を崩す゛が正解。
6.取り付く暇もない…..多忙で暇がない。という意味ではなく、正しくは゛取り付く島
もない゛で、冷たい態度をとられて会話のきっかけすら掴め
ないことを言う….しかし、江戸弁では゛し゛を゛ひ゛と言いました
のでここから間違ったのではと感じるのですが………

 

本当に日本語は難しいものですね。しかし、正しく使いこなせるように努力したいものです。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク