捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

者(物)の見方を変える……

2012年12月18日

普段決まった行動、動作、思考ばかりしていると、それが当然のように定着して
偏りがおこります。物の見方によっては円錐形の物を見た場合
正面から見た時は、二等辺三角形、上または下から見れば円に

 

見えます。掃除などの場合も綺麗にしたつもりでも、見る方向に
よっては汚れが目立つ場合もあり、太陽の光が差し込んだ際には
埃が目立つ場合もあります。これはほんの一例でしかありませんが
仕事面、勉強面、運動面…….色々ありますがこれらも同じで、ほんの少し

 

ものの見方を変えれば自分の能力を上げ、人生を豊かにし脳の活性化
にも関係してきます。ものの見方を違う方向から見る事により、違った

発想が出来るということであり、人間関係を築くことにおいても良い結果を

生み出すことでしょう。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク