捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

笑うことを忘れない

2013年05月29日

ソフト整体自律心体館館長の前田です。
日常生活で笑う機会がありますか?また、笑顔を作っていますか?
笑い、笑顔の力はすごいものがあります。笑い、笑顔のときは副交感神経
が優位に働き、脳がリラックスの状態にあります。それにより免疫力も

 

高まります。あのアニマル浜口(女子レスリング浜口京子さんの父)さんは
この笑いの力で大病を克服された方です。大きな声でワッハッハと笑う
だけで横隔膜も刺激されて、さらに副交感神経の働きが強まり相乗効果

 

が生まれます。人間が持つこのシステムを使わない手はありません。
一日100回は笑いましょう。4才~5才の子供達は300回笑うといわれて
います。ウソの笑いでも良いのです。その行動に脳は反応してくれるのです。

 

そして、脳自身が緊張を解いてくれるのです。笑う材料が見つからない方は、

鏡を見て笑いましょう。きっとスッキリする事でしょう。どんどん脳を

ダマしましょう。高齢者の方はオレオレ詐欺にダマされないように注意

しましょうね。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク