捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

秋の晴れ間に草むしり.....

2011年10月05日

自分の家では秋に草むしりをするのが恒例となっております。
それも、寒さが感じる頃の今ごから始めるのですが、それは
何故かといえば夏の草が寒さで弱り、根がもろくなり
むしり易くなるからであり、オオバコ、ドクダミなどの
草もまた、むしり易いのです。本当はお盆前にむしれば蚊の
発生も防げるのですが、その蚊に刺されるのが嫌だからと
言うことも理由の中に入っております。取った草は積んでビニールシートで

覆っておいて、このあと落ちて来る筈の欅の葉っぱと混ぜて、腐葉土として来年の秋に

草むしりの後に一面に撒くのですが、これも一つのリサイクルと感じております。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク