捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

福祉…….

2012年12月28日

生活保護費が4月から見直す可能性があると厚労省が
発表しました…..そのことに反対する人も当然いて当たり
前のことでもあります。しかし、今まで申請しなければ命に
関わる人が申請することに恥じらいを感じ、民生委員の提案

 

を拒否し悲惨な事態に至った家族がいる反面、余裕がある
にも拘わらず堂々と申請して一生懸命働いている人より贅沢
な生活をしている輩がいることも事実です。それを防止するには

 

調査員を増員し厳しくするほかはないのですが、行き過ぎれば
問題が生じることもあります。この生活保護を受けている人の
中には医療機関に掛かっている人も大勢おられますが、この

 

医療費の無料化が生活保護費を圧迫していることの方が問題が
あるのです。1割負担または、負担金の一時立替制を導入するかは

避けて通れないのではと思うのです。何れにせよ、福祉という言葉

 

は響きが良いものなのですが、福祉の行き過ぎは国の衰退にも繋がります。
国民一人ひとりが老後、年金、医療に興味を持って世界に誇れる制度
として存続出来るよう見つめる良い機会だと思うのです。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク