捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

睡眠.......

2011年10月07日

睡眠は量(時間)ではなく、質が大切な事をご存知の方も
おられることでしょう。寝ないから直ぐ死ぬ訳ではありません
。体を休めるのであれば、横になるだけで十分です。でも、
睡眠不足が続くと集中力欠如、イライラ、頭痛、めまい、幻覚
などの体調不良が起こります。脳を休ませればこの様なことは
起こりません。睡眠とは、脳を休ませるためには欠かせないも
のなのです。特に、お昼ねはノンレム睡眠とよばれ深い眠り
であり、ほんの15分から20分の間でも脳はすっきりした
感覚になります。時間があればお昼ねをお薦めいたします。

たかがお昼ねですが、寝るのにも流儀があります。それは、

布団を敷き、カーテン引いて暗くして寝る事が重要です。

でも、うっかり寝すぎてしまうと夜間に寝れなくなる事も

ありますので、昼寝は長くても20分程度が理想的です。

「面倒だからソファーの上で....」という事のないように

してくださいね。寝るのにも流儀があるのです。

 

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク