捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

熱血指導なのか体罰なのか……

2013年01月09日

大阪の強豪バスケット部の監督がキャプテンの生徒に
体罰を加え、生徒を自殺に追い込んだニュースが
報道されております。我々の時代は部活動で強豪校の学校は

 

ほぼ100%体罰が行われておりました。叩いて、殴ったり、蹴飛ばしたり
して強くなるのであれば、苦労はしないのですが根本は体罰を受けた
生徒が納得して体罰を受けていたのか、否かでしょう。仮にその生徒が

 

指導者として、指導する場合にまた体罰を生徒に対して行うのです。
これは負の連鎖と言うべきものなのです。能力の高い指導者は暴力的
体罰は行いません。行ったとしても、ちゃんとしたフォローを行うものなのです。

 

 

しかし、今の生徒は親にさえ殴られたことがない生徒さんもいます。心的外傷後ストレス

症候群に侵されて、自殺に走る事も十分考慮しなければいけません。心の中は見えませんから。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク