捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

性格。

2012年02月02日

性格は変える事は出来ない、とよく言われますが決して
そうではありません。性格をリンゴに例えれば、芯の部分
を持って生まれた先天的な性格とすれば、外側の果肉に相当

 

する部分を、その人の生まれ育った長年の経験などによって
作り上げられた性格となり、良い意味でも悪い意味でもその
人の性格となって構築されて行きます。良い意味での性格は

 

変える必要はあまりありませんが、悪い性格は変えた方が
人間の付き合いとしてコミュニケーションも取れ易くなるはず
です。性格は大きく分けて5つに分類出来ます。

 

1.分裂性格:内気、人前に出るのが嫌い、自分勝手、
  冗談を言わないなど

2.躁うつ性格:交際好き、人の世話好き、現実的思考、陽気

3.癲癇(てんかん)性格:粘り強い、几帳面、原因もなく
  不機嫌になる、学者肌など

4.ヒステリー性格:うぬぼれが強い、自己中心、人を恨む
  人をねたみ易い派手好き、流行を追うなど

5.神経質性格:自分のする事に自身がない、体の事を必要以        

          上に気にする、気になる事が頭から離れず
          苦しむ、ちょつとした事に敏感など

これら5つの性格がない交ぜの如く、合わさって作られている
のが性格です。これら5つの性格の中でよい部分を取り入れ
コントロールして行けば、性格は変えられるのです。それには

 

日々の練習が必要ですが、芯となる部分の生まれつきの性格は
気付いたときに素早くコントロールして行く。果肉の部分の
後天的に形成された性格は、努力して変革していく継続性が

 

求められます。しかし、これらは十分可能な事なのです。
性格を良くすることは自分の人生、運なども良い方向へ
持って行くことも出来るのです。今からでも遅くはありま
せん。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク