捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

寒さとストレス……..

2012年11月20日

寒さの感じる季節となりましたが、この時期は皆さんご存知の通り
自律神経系の乱れが生じやすいのです。それはストレスと密接な
関係があるからなのです。ストレスは大きく分けて4つに分けることが

 

できます。1.精神的ストレス(対人関係など)、2.科学的ストレス(薬品、
排ガスなど)3.温度、湿度のストレス(自然環境など)、3.体の構造的
ゆがみ(骨盤、背骨のゆがみ、筋肉疲労など)この4つが代表的な
ストレスとして上げる事ができます。この4つのストレスのうち何れかが

 

体に不調を与えるのです。この時期は寒さが一番に上げられますが、
その寒さによるストレスで腸などの消化器系に不調を引き起こしたり
します。もともと自律神経が乱れやすい方などは、寒さのほかに体の
歪みなどが加わるなどの原因により、自律神経失調症へと悪い方向に

 

進んでいく場合も多くはありません。でも、自律神経失調症自体はそれほど
心配するほどのものではありません。当接骨院、自律心体館では自律神経系の

事も考慮に入れた治療を念頭に入れた手技療法で、体全体のことを思い描き

 

 

日々治療に取り組んでおります。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク