捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

冬はうつ病になりやすい.......

2011年11月30日

冬場は体に寒さを感じさせ、また日照不足と合わさって
ホルモン分泌影響を与え、寒さはストレスとなり、そこに
精神的なストレスが加わってくれば、自律神経失調症となり

 

そこに更に体の歪みが重なってくると、うつ病へと移行して
いく場合が多くあります。つまり、うつ病は一つの原因だけで
発症するものではありません。しかし、うつ病になり易い要素

 

を持っている人も存在します。そのような方は寒さとほんの
些細な精神的ストレスにより、うつ病を発症する場合が多く
あります。いつも患者さんにお話している事ですが、精神的

 

な問題よりも、体の歪み、科学的(食事など)、温度の3つ
ストレスがうつ病、自律神経失調症の発症するメカニズム
なのです。3つの中の一つだけでは発症はしないのですが、

 

いくつかが重なり有る数値に達すると、症状として出てくる
のです。付け加えて置きますが、うつ病は病気ではなく状態
なのです。そのような状態を作り出して体を守っているのです

 

つまり、家の中にある「ブレーカー」の役目をしているのです
エネルギーの使い過ぎを防ぐ為の手段に過ぎないのです。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク