捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

健康で長生き出来る人とは…….

2012年09月01日

3日前に57才になりましたが、年を積み重ねるにつれて
思うことは、健康で長生きをしてピンピンコロリであの世
へ逝ければ良いなと感じております。100才の人から見れば

 

57才の若造が何を偉そうな事を……と言われるでしょうね。でも、

人間は皆100才まで生きれる訳ではありません。人それぞれの

寿命というものがありますので、一日一日感謝の気持ちを忘れずに、

一所懸命に生きて行くことこそ大切なのではと思い始めております。

 

 

私が望むのは80才になる年に北陸地方を中心にして見られる皆既日食を、

この目で見る。これが私の希望であり、今のところの夢でもあります。

23年後の9月3日(日曜日)ですが、これだけは譲れない気持であり、

 

 

これが心の支えでもあり、嫌なことがあれば23年後のロマンに心を馳せております。
しかし、気の遠くなりそうな夢物語です。その頃私は生きているのか分からないのですが、

夢を持つ事は先々の嫌なことを忘れさせてくれるものなのです。年老いても夢を持ち生きる

 

ことも時には面白いものです。人間先のことを考える時は万が一のことを考えがちですが、

それは決して悪くはないのですが、最低限度の準備をすればそれ以上のことを心配する

ことは意味のないことであり、それこそ自律神経の乱れ、老人にみられる軽度のうつ状態

 

を引き起こす要因でもあるのです。もうじき敬老の日を迎えますが、人生の先輩達には自分自身が

体験した事を自信を持って息子、孫、玄孫、に話すように務めて下さい。それが貴方の宿題なの

だと私は感じます。私の宿題は....まだ分かりません(冷汗。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク