捻挫・打撲・脱臼・骨折・スポーツ傷害・労災・交通事故

たかがゆらし療法、されどゆらし療法(PST療法)。

2012年05月11日

自分の現在行っている治療法は、ゆらしながら体の緊張を
取り除き、痛みを解消して行くという治療方法なのです。

根本は自然形体療法ですが、それぞれの事情から分かれて

無痛ゆらし療法(PST)、リセット整体等の名前を使用する

団体の誕生へと進んで、現在に至っております。

 

この治療法は時として、患者さんから誤解を持たれることも
あります。まあ、それなりに説明してからその後
治療に入る訳ですが、患者さんの頭の中には痛いその部分に
ばかり意識が向いている方が意外と多いのです。心の中では

 

多分驚きの連続なのではと想像しながら治療手技を繰り出して
おります。それでも、治療後には驚くほどの効果(変化)が
現れることも多くあります。その場で効果を感じて頂けなく
ても、その翌日には痛みが軽減しているとか、動作的には

 

痛いが、痛みで熟睡出来なかったのがよく眠れたなどの
症状の変化を感じて頂ける患者さんも沢山おられますが、
単に「もんでほしい。」という要望の方にこの治療を施して
も効果が望めないことが多くあります。その場合は、それなり

 

の方法で対処はするのですが、それは治療ではなく慰安なの
です。この使い分けは大変重要となってきます。人間の
持っている心理面は治療効果にも強い影響を及ぼします。

HOME治療内容院長紹介よくある質問患者さんの声アクセスマップ新着情報リンク